ステンドグラス作家 

森 陽子

 

1961年湘南学園高等学校 卒業 1964年 文化学院美術油絵科 卒業。

その後、母の影響でステンドグラス製作を始める。

平成6年よりADワークス 戸田智昭氏に師事。

自宅の雰囲気にマッチする作品作りを基本としながら現在に至る。

ユーモアとオリジナリティが溢れる作品は、周囲の人々を魅了、

これまでに、平成23年(2011) 神奈川県 新構造展において新人賞、その後東京都5回、神奈川県2回の授賞、東京都入選2回と、次々に高い評価を得ている。

無類のネコ好き。

 

 

 

 

 

メッセージ

 

私の作品作りの第一の特徴は、自宅の雰囲気に合ったものを作ることです。

販売目的ではなく、自分で使いたいものを制作することに楽しみを見出してきました。

猫や魚・海・花など、自然が好きなので、そのようなテーマの作品が多く、

バスルームには魚の作品が沢山飾ってあります。

幼い時からクリスマスが大好きで、クリスマスがテーマの作品も多くあります。

自分の作りたいイメージに合ったガラスを見つけるのに苦労したり、

素敵だけど高額なガラスに出会ってしまったり、

ステンドグラス制作は楽しみだけでなく、色々な苦労も多いです。しかし、それが楽しみなんです!

 


■受賞歴

2011 新人賞  《屏風型》 新構造社   神奈川県公募

2014 会友推薦 《衝立》  新構造社 東京都公募 上野 東京都美術館

2015 会友奨励賞 《ランプ》新構造社 東京都公募  上野 東京都美術館

20186月 準会員推薦 《パネル》新構造社 東京都公募 上野 東京都美術館

2018年10月 川崎市教育委員会賞 《パネル》新構造社 神奈川県公募

20192 準会員奨励賞《衝立》新構造社 東京都公募 六本木 国立新美術館

  

■入賞歴

2012 初入選 《ランプ》 新構造社 東京都公募 上野 東京都美術館 

2017 会友入選 《ランプ》   新構造社 東京都公募 上野 東京都美術館 

20196月 会員推薦 《ランプ》新構造社 東京都公募 上野 東京都美術館 

森陽子 ステンドグラス
「虹の彼方に」新構造社 神奈川県公募 川崎市教育委員会賞(2018)

次のページへ